まるや八丁味噌

NHKの連続テレビ小説の舞台にもなった、創業1337年の「まるや八丁味噌」では、昔ながらの伝統製法で造られる味噌製造の現場を見学することができます。

江戸時代から続く、昔ながらの伝統製法を守り抜き、大豆と塩と水のみで味噌造りを続ける、創業延元2年(1337年)愛知県岡崎市にある「まるや八丁味噌」。
徳川家康の生地として知られる岡崎城から八丁(約870m)の距離にあることに由来する、八丁味噌の製造元として全国的にも有名な味噌蔵で、NHKの連続テレビ小説の舞台にもなった場所です。
江戸時代から続く味噌蔵の見学では、2メートルを超す大きな木桶と、中央に向かって高く積み上げられた味噌蔵ならではの石積みの風景に圧倒されます。
また、1つの桶に6トンの味噌を仕込み、約3トンの石を積む作業をすべて職人の手作業で行うなど、時代が変わっても当時と変わらぬ八丁味噌ならではの伝統の味が生き続けていることが、その企業姿勢からも感じ取れます。
売店も併設されているので、有機大豆を使用した日本古来の味を、ぜひご家庭で味わってみてください。

まるや八丁味噌見学内容

■見学実施日
平日、土曜日・日曜日・祝祭日
■見学可能時間
9:00~16:20
■定休日
年末年始
■見学人数
1名様~
※団体でのご利用の際はご相談ください。
■所要時間
約30分
■申込方法
自由見学。団体の場合は要予約 。
■所在地
愛知県岡崎市八帖町往還通52
■申込受付
9:00~16:20
■見学連絡先
0564-22-0678
■WEBサイト
まるや八丁味噌

★こちらのスポットもおすすめです