伊勢半本店 紅ミュージアム

江戸時代から続く紅屋「伊勢半本店」が運営する「伊勢半本店・紅ミュージアム」では、紅作りの技術や江戸の化粧文化などについて紹介するほか、紅点し(べにさし)の体験も受け付けています。

「伊勢半本店 紅ミュージアム」は、江戸時代から続く紅屋「伊勢半本店」が運営する企業ミュージアムです。
「紅(べに)」とは、紅花の花びらにわずか1%だけ含まれる赤色色素のことで、その赤色は、化粧料をはじめ、染料・食紅・浮世絵の絵具など、日本人の生活を豊かに彩ってきました。
伊勢半本店が、紅を製造・販売する紅屋として現在の日本橋小舟町に創業したのは文政8年(1825)。
当時の江戸には多くの紅屋が店を構えていましたが、近代以降、時代の変化や洋紅の登場で紅屋は衰退していきました。
そうした中、伊勢半本店は、江戸時代から続く最後の紅屋として、紅作りの技術やその文化が未来に伝えられていくことを願い、平成17年(2005)にミュージアムを設立しました。
館内の資料室では、創業以来守り続けてきた紅作りの技術や歴史のほか、江戸の化粧文化や紅にまつわる習俗などについて展示紹介。
また、サロンスペースでは、紅点し(べにさし)の体験も受け付けています。
資料室(常設展)とサロンスペースは無料で楽しめるので、興味のある方は紅の奥深い魅力をぜひ体感してみてください。

伊勢半本店 紅ミュージアム

■見学実施日
火曜日~日曜日
■見学可能時間
10:00~18:00
■定休日
毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日休館)、年末年始
■見学人数
1名様〜
※団体でのご利用の際は事前にご予約ください。
■所要時間
約60分
■申込方法
自由見学。団体でのご利用については電話にて事前申込み。
■所在地
東京都港区南青山6-6-20K’s南青山ビル1F
■申込受付
10:00~18:00
■工場連絡先
03-5467-3735
■WEBサイト
伊勢半本店 紅ミュージアム

★こちらのスポットもおすすめです